結婚指輪を選ぶときに注意する事

結婚指輪を選ぶ時、ポイントとなる事はいくつかありますが、長く身に付ける事になるため、つけ心地は意外と重要です。

●結婚指輪選びのポイント

結婚指輪に限らずどの指輪にも言えるのは、つけ心地が良いものを選ぶ事です。

どんなにデザインが気に入っても、指にはめたとき痛かったり、窮屈だったりすれば長く身につけていられません。

関連記事≫結婚指輪がキツイのが気になる。

特に問題なくつけていられても、なにかの拍子に服の繊維に引っかかったり、肌を傷つけたりするデザインもすぐに嫌になってしまうでしょう。

結婚指輪は長い間ほぼ毎日付けているものですから、つけ心地はとても重要です。

肌の一部になるような、そんなデザインを選んでください。

●デザインを比較する

結婚指輪はどれも同じようなデザインに見えますが、実はいくつかデザインの違いがあります。

定番といっても過言ではない、ストレートライン、少しカーブをつけたデザイン、V字デザイン、幅広なデザイン、極細なデザイン、メレダイヤ、一粒石入りなど意外と種類があります。

お互いが指にはめている時は、普通の結婚指輪に見えても、指輪を付けるとハートの形が完成するなどのタイプもあります。

デザインは好みで変わりますが、どれも指にはめた時に、フットするかどうか、長く付けられるかどうかを重視して選びましょう。

●まとめ

極細は違和感がない反面耐久性に欠けます。

幅広は耐久性には優れていますが、指が太い人やむくみやすい人には不向きとなってしまいます。

Comments are closed.