結婚指輪の由来

結婚式で指輪の交換をしますが、この結婚指輪はいつ頃からあったものなのかご存知ですか。

結婚指輪の由来を調べてみました。

かなり古い時代からあったもののようです。

【指輪はいつから始まったのか】

指輪というものが存在したのは、古代エジプトというはるか昔からだと確認されています。

指輪には何か神秘的な力が宿ると信じられていて、魔除けであるとか権威の象徴として使われていました。

また、ゆびぬきや印章というような、実用的なものとして使われていたこともあったようです。

その他に武器として身につけることもありました。

【結婚指輪の交換はいつから始まったのか】

古代ローマ時代には、婚約の証に男性から女性へ指輪を贈る習慣があったようですが、結婚の時に指輪を交換する習慣はなかったようです。

結婚指輪の交換はヨーロッパの封建社会で広まって、13世紀には一般化したと言われています。

【日本はいつから?】

日本で結婚指輪広まったのは明治時代後半からと言われています。

明治時代になって、キリスト教式の結婚式が行われるようになり、この頃から結婚指輪の存在がはっきりしてきました。

大正時代になると、結婚指輪の習慣が定着化したと言われています。

昔は結婚指輪をつける人はあまりいませんでしたが、今ではほとんどのカップルが結婚指輪を購入して身につけるようになりました。

デザインも豊富になりましたし、好きなものを自由に選べるようになりました。

長い間身につけるものですから、いつまでも大事に使えるものを選ぶようにしましょう。

Comments are closed.