遺品整理をお願いするとリサイクルや葬儀社の手配までしてくれる?

遺品整理コミュニティ

遺品整理は葬儀社の手配も?どこまでサポートしてくれるのでしょうか?進化する遺品整理業界についてお話します。

遺品整理のmain画像

遺品整理をお願いするとリサイクルや葬儀社の手配までしてくれる?

遺品整理をお願いしたら「総合サービスの話」をされてビックリといった話を良く耳にします。

いまどきの遺品整理はどこまで進化しているのか、お話ししましょう。

●リサイクル業や骨董・美術品の取引免許も。

遺品整理事業者は、リサイクル業者としての許認可を受けています。

書画骨董を扱うための免許も取得しています。

遺品整理で出てきたもののうち、市場価値のあるものは廃棄せずに買い取ってくれるので安心できます。

また、遺品整理の業者によっては寺院と提携していて、葬儀の手配や位牌・戒名の手配までやってくれます。

事前に要望を伝え見積もりを取っておきましょう。

●遺品整理だけに終わらない現代のサービス。

現代の遺品整理業は、ただ単に遺品整理のための片付けやハウスクリーニングだけでは生き残れなくなっています。

高齢化で需要が増え、新規参入が相次いでいることなどから、遺品整理に特化していては先細りするばかりです。

そこで遺品整理のもっと前段階の終活に関する手伝い、遺書の書き方や公証人役場の手配、後見人の手配なども行なってくれます。

墓の手配、墓参りの代行などを行なう遺品整理事業者もいます。

●遺品整理事業は、ワンストップの総合サービス事業と変貌しています。

業者によって内容は異なりますが、調べておくと便利です。

よく考えてみると、遺品整理だけで人の一生は完結するものではありません。

遺品整理の後には葬儀や墓の問題があり、永代供養の問題もあります。

終活をテーマにすれば、生前からのサポートも視界に入ってきます。

それら一式を請け負っているのが遺品整理事業者でもあります。

Google
www を検索 遺品整理コミュニティを検索
(C) www.infodeportemurcia.com. All Rights Reserved.